八ヶ岳セルフビルド倶楽部
砂利 セメント
砂利とセメントを混ぜたコンクリートです 今回の基礎は布基礎と独立基礎です
写真は独立基礎の配筋です
底盤はD10、縦筋はD13
縦筋の定着を確り取ってます
独立基礎の配筋全容 独立基礎の配筋全容
独立基礎の位置出しです コンクリートの馬を置いて土と鉄筋のかぶり厚さを確保しています。最低60mmは確保したいところです。
硬紙ボイドを型枠代わりに使用しました。
基礎は円柱になります。ボイドを固定する為に
先ほど練っておいたコンクリートを打設します。
確り固定しておかないと、コンクリート打設時にボイドが傾きます。
独立基礎がこんなに
布基礎の配筋状況。 布基礎型枠状況。
糸を張りセンターを確りだします。
いよいよコンクリート打設
奥がポンプ車、手前がミキサー車
独立基礎にもコンクリートを流し込んでいます 布基礎のコンクリート打設後の姿
確りとセパで型枠を固定しないと打設時にパンクする事があります
数日が過ぎ型枠解体です ジャンカ(空洞)も無く綺麗に打設されています
専用工具でセパコンを取ります
倶楽部会員募集中!無料
会員条件 
八ヶ岳に家を建てたい人
自分で家を造りたい人
コストをかけたくない人